>  > 貯金にもゲーム性がある

貯金にもゲーム性がある

老後を見据えて貯金しなければならないと思いつつ、やっぱり自分の使いたいことだってしたいものじゃないですか。だから風俗を利用することもあるんですけど、風俗の分も貯金しようと。闇雲に「風俗に行こう」じゃなくて、一ヵ月辺り風俗の予算を設定して、それ以上は使わない。でも一ヵ月のうちで余ったらそれは次の月にも回せる…。自分でそんなルールを決めてみたんですけど、こうすることで結構面白くお金を貯められるようになったんです。お金が限られているので、風俗を利用すると気もどういった形で利用しようかなとか、来月に回して長時間楽しもうかなとか。こういった戦略面まで考えるようになったおかげでか、風俗の楽しさがより一層高まったような気がしますね。闇雲にお金を使ってってシチュエーションもそれはそれで決して悪いものではないと思うねですけど、多少は自分に縛りを付けるのもゲーム性が出てそれはそれで楽しい時間になるなって分かりました。

法則って訳じゃないんですが…

法則という程大げさではないんですけど、風俗のモチベーションが高まる瞬間が自分でもようやく分かってきたような気がするんですよね。どういった時に風俗に行きたいって気持ちになるのか。そのモチベーションは自分でもよく分からなかったんですけど、風俗に行った日を見て自分でも納得しました。それは週末か給料日直後なんですよ(笑)風俗に行った日はメモというほどじゃないんですけど、一応どんな感じだったのか記録しているんですね。それらをまとめると、週末か給料日の後。ここで風俗のモチベーションが高まっていることに気付いたんですよ。つまりですよ。案外自分としても冷静だなと(笑)割と利用したい時にいつでも利用しているかのように思っていた部分もあったんですけど、利用するシチュエーションはしっかりと考えているというか、利用出来るシチュエーションって本能レベルで悟っている時にモチベーションが高まるんだなって気付かされました。

[ 2017-03-04 ]

カテゴリ: 風俗体験談